うがいができない子供用でも、この歯磨き粉なら大丈夫!

df27d9e00205268a86a35b12a3619077_s

歯磨き粉をつけて歯磨きをするようになったら、うがいも上手にできるようにならないと行けませんね。
いつからうがいができる?うがいの代わりってあるの?こんな疑問を持つママも多いようです。

そこでこの記事では、

  • うがいがでいない子供との接し方
  • うがいの楽しい練習方法
  • うがいなしでも大丈夫の子供用の歯磨き粉

について、ご紹介しますね。

うがいがでいない子供との接し方

0cf87bee50668871c12c237d001b9a52_s

ママの仕上げ磨きや、歯磨きのあとには、しっかりうがいをしないといけないですね。
まだ、歯磨きを始めたばかりの小さな子供は、上手にゆすげないかも知れませんが、少しずつでも練習していくことが大切です。

小さな子供は、くちゅくちゅが上手にできても、ぺーっと水を吐き出すことが出来ず、そのまま飲んでしまうことも多いですね。

 

飲んだ場合の問題点を考えれば、やはりまだ、上手にうがいが出来ないうちは、歯磨き粉は発泡剤や界面活性剤などは入っていない安心な商品を選びたいですね。

やはり、うがいに挑戦し始めの頃には、うがいをどうやってすればいいのか、コツをつかむまでに時間がかかるようです。

 

くちゅくちゅが出来ても、ぺーが上手にできない子供が多くて、胸元がべちゃべちゃになってしまうことが多いですね。
しかし、自分でやる気を出してやっているなら、少しくらい洋服が濡れてしまっても多めに見てあげましょう。

うがいが上手にできるようになるまでは、タオルなどを首元に巻いてあげていても良いですね。
まだ、1,2歳で小さなころには、うがいの代わりに濡らしたガーゼなどをお口に入れて歯磨き粉をふき取ってあげるだけでもいいのですが、ガーゼで拭かれるのを嫌がる子供も多いです。

 

まだ、うがいをしないのに、歯磨き粉は使っていいの?と心配になるママも多いかと思います。
先ほども説明したように、うがいが上手にできない子供や、ガーゼでふき取る場合には、食べても安全な歯磨き粉を選び、歯磨き粉の量もほんの少しにしましょう。

また、歯がしっかり生えそろっていない子供に、嫌がるのを押さえつけてまで歯磨きは必要?と疑問に思うママも多いかと思います。

 

歯磨きを嫌がる子供は本当に多くて、ママもここまでして歯磨きが必要?と思うくらいに、暴れて抵抗する子供もいますね。
でも、歯磨きをしないと、歯には、たくさんの食べ物のカスが溜まっていき、細菌が歯にこびりつきます。

唾液によって多くの細菌は洗い流されてしまうのですが、唾液が届かない場所もありますし、細菌が多く溜まっていると唾液では対処できなくなります。
虫歯の原因であるミュータンス菌は、歯につきやすい性質があり、これが次第に歯をむしばんでいき、虫歯や歯肉炎、歯周病へとつながっていきます。

 

子供にはもっと簡単に、角や尻尾がある虫歯菌の絵を見せて、「この虫歯菌が歯磨きしない歯を槍で削っていくだよ!そうしたら、歯がとっても痛くなって、美味しいものが食べられなくなるよ!」などと分かりやすく教えてあげると良いですね。

子供と母親の、楽しいうがいの練習方法

37ac37b382209c337be554d8c9af2c4c_s

いつからうがいができる?
これは、本人のやる気にも大きく左右されますが、幼稚園に入園する前、2歳半くらいまでには、しっかり出来るようになる子供がほとんどです。

うがいを上手にできるようになれば、歯磨き粉をそのまま飲んでしまう、といった心配もなくなりますし、また、感染症予防にもなります。
幼稚園や保育園に入園すれば、感染症も心配ですから、そのためにもうがいはしっかりと練習させておきたいですね。

 

まずは、子供をやる気にさせることが大切なので、子供が好きなキャラクター付きのコップを用意してみると良いでしょう。
そして、ママがお手本を見せてあげます。
ここでは、いつもやるように、頭を後ろに傾けてうがいをしてはいけません。

子供がやると、ほぼ確実にそのまま飲んでしまいますから、口の中でくちゅくちゅさせるだけでオッケーです。
このくちゅくちゅをしてから、ペッと水を出すお手本をしてから、子供に挑戦させましょう。

 

最初のうちは、口から水が出てきてしまったり、洋服もびちゃびちゃになってしまうかも知れませんが、少しでも上手にできたら、ほめてあげて、繰り返し何度も練習してみましょう。

うがいなしでも大丈夫の、子供用の歯磨き粉はこれ

!手のひら①

もしどうしてもお子さんがうがいできない場合には、うがいする必要のない歯磨き粉を使うのもアリです。
うがいはいつか必ず出来るようになりますから、イライラしながら無理やり教えるよりも、うがいを出来るようになったとき、うがいさせてあげるのも一つですよね。

ではうがいをしなくていい歯磨き粉はどのようなものなのかというと、口の中に残っても問題ないような無添加のものでないといけません。
でも歯磨き粉がペースト状の時点で増粘剤や凝固剤、防腐剤がたくさん使われていますから、どうしても粉タイプのものを使わないといけません。

!044

私の息子と娘が使っているブリアンという歯磨き粉が、まさにそれですね。
完全無添加なので赤ちゃんが飲み込んでしまっても大丈夫なくらい安全で、うがいも必要ありません。

おまけに「虫歯菌に感染してからでも、虫歯菌を殺菌してくれる」世界初の歯磨き粉なので、うがいが出来ないお子さんにも、うがいはできるけど虫歯予防をしたいお子さんにも、お勧めです。

 

ブリアンの詳しい話や、私以外のママの体験談を以下の記事でまとめています。
良ければ、読んでみてください。

⇒無理にうがいしなくても虫歯予防、虫歯菌除去が出来る歯磨き粉って?


arrow_gradient_blue_right

「虫歯かも?」から使える、子供用の歯磨き粉はこれ

ブリアン(ウィステリア製薬)

!044

  • 虫歯菌が子供に移ってからでも、虫歯菌を追い出してくれる唯一の歯磨き粉
  • 300万包以上売れている、子供の虫歯が気になるママに話題!
  • 無添加、国産だし、万が一飲み込んでも大丈夫な成分だけを使用!
  • うがいしなくて大丈夫な歯磨き粉だから、すすぎができない子供でも使える!
  • 子供が自分で歯を磨きたくなる、自然な苺の香り!
  • 今月末まで、60日間の返金保証キャンペーン中!

11954452882053745474jean_victor_balin_arrow_orange_right.svg.hi

ブリアンの公式サイトはこちら